FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火大会の思い出

昨年の夏、千葉に引っ越して初めて、妻と花火大会にいってきました
仕事を定時で切り上げて、妻と浴衣を着て電車に乗って会場へ
大きい花火大会にもかかわらず、電車は2両編成…そのため、少ない車両に中学生から大学生くらいの男女でギュウギュウの満員状態でした
僕たち夫婦は入口から車内に押し込まれたまま身動きがとれません
でも、お互い向かい合わせで、見つめ合っている時間が幸せ(///_///)

妻の背後には地方によくいるヤンキー風のグループが囲んでいました
妻に執拗に密着しようとする彼らに、「妻の体、触られるかも…」
と思い、左手を彼女の腰に、右手をお尻に手を添え、ギュッと抱きしめました
妻の顔が僕の首筋にうまり、僕の顔には妻の少し汗ばんだ髪の匂いと、女性特有の甘い香りが漂ってくる
ドキドキです
妻の顔も、赤くなって、恥ずかしげにうつむいていました
途中の駅で女子高生グループが乗ってくると、妻の後ろの男たちは女子高生を気にしだしたようでした
注目を浴びなくなってホッとした僕たちは、周りの目を気にすることなく見つめ合いました
お互いの吐息がかかりあう近さ
妻の体の熱さと柔らかさ、胸のドキドキを体で感じ、僕のものは大きくなりました
キスしたい
でも、さすがに電車の中では…
そう悶悶としながら見つめ合っているうちに降車駅へ
車内が開くドアに気を取られたすきに、妻とキス…
唇どうしが軽く触れただけのキスですが、隣の女子高生にはみられていたかな
電車を降りたら、浴衣の裾を押し広げるように自己主張する僕のモノを、妻が笑いながら前に覆いかぶさるように隠して歩いてくれました
花火はとっても綺麗で、感動的なものでしたが、2人とも電車でのドキドキが昂ぶって、口数少なにすごしました
帰りも駅までたどり着けないくらいの長蛇の列が会場から続き、私たちは市街地まで歩いてタクシーを捕まえることに
途中暗い道をいいことに、キスしたり抱きあったりしながら
電車の中でのことがあって、お互いに体を求めあいたくて…
タクシーの中でも我慢できませんでした
僕の右側に座った妻の手が、僕の浴衣の裾の間から中へ…
でも僕からは、妻の浴衣のあわせが反対側なので手を入れられず、太ももを撫でることしかできません
もう下半身の熱さが最高に達しているのに
タクシーを降りて鍵を開け、玄関に入ると、もう何もかも我慢できず、バックをほおり投げ、草履も脱がないまま玄関で激しく抱き合いました
お互いの唇の柔らかさを感じる間もなく、舌をからませあい、浴衣の裾を開き…
前戯も忘れて、すぐに一つになりました
妻を壁に押し付け、夢中で性器がこすれ合う気持ち良さに酔いしれて
声をあげて喘ぎあった
その場で一度目の絶頂に達っしました
妻を壁に押し付けたまま、彼女の中にドロドロと僕の液体が出ていきました
妻の中へ出しきっても下半身の熱さは冷めることがなく、妻とベットへ…
妻の中に流し込んだ白いドロドロの液体が、妻の中から流れながら床にポタポタと落ちました
2人とも汗まみれのまま、脱げ切れていない浴衣をすべてはぎ、妻を寝かせ、両足を開き、2回目
声をあげる妻が可愛く、ギュッと抱きしめたまま腰を振りつづけ、悲鳴をあげる妻の中へ2度目の射精をしました

その夜は、そのまま眠りました
とても心地よい眠りでした
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

会社の帰り道で…

お互いに実家暮らしだった僕たち夫婦
結婚前はエッチの場所にいつも苦労していました
いつもホテルではお金が大変…
たまたま家族が出掛けている休日には、実家でエッチをしたのだけれど、そんな機会はあまりありません
なので、今では信じられないくらい、人目を忍んで外でセックスしました
休日に車で買い物に出た時に、ショッピングモールの駐車場に停めた車の中でしたりもしたが、一番多かったのは、会社帰りに妻を送る道でのこと
公園やマンションの裏、畑脇の林でのセックスでした

まだ結婚前の夏
会社のある渋谷からの帰りの電車は、いつも超満員でした
僕とのちの妻はギュウギュウの電車の中、抱き合って帰るのが日課でした
ワンピにカーディガンの彼女の体の柔らかさと熱、そして女性特有の甘い香りにドキドキ
彼女を抱く僕の手は、少しエッチになりました
片手は腰を抱いて、もう片手はお尻に…柔らかさがたまらない
彼女も僕の首筋に顔をうずめながら、僕のズボンの固く大きくなった部分を触っていました
僕の手は彼女のお尻の割れ目をなぞり、太ももに優しく触れながら、今度は前から彼女の割れ目を触ります
ワンピースの上からでも、彼女の割れ目の熱を感じました
胸を突き上げるようなドキドキ
彼女も「ん…」と小さな声を出して、身を固くしていました
甘い、体の香りが強く漂いました…
電車を乗り換えて、郊外にある彼女の家の最寄り駅に着くと、手を繋ぎながら足早に歩きました
人通りのあるところから遠ざかりたかった
2人とも官能的な気持ちでいっぱいで、早くキスしたかったし、お互いの体をまさぐりたかった
そして何より、1つになりたかった
都心から離れている駅なので、駅前から少し離れると、どんどん人通りがまばらになります
キスをした…とろけるように柔らかい舌が、絡みあいました
少し歩いて、また抱き合って…を何度か繰り返し、2人だけの場所を探しました
住宅地の合間に広い畑があります
その畑の端には、梅の木がたくさん植えてある一角があって、そこなら人目につかないと思いました
妻と僕は鞄を足元に置いて、木々の陰に隠れるように抱き合いました
熱く獣のように体をまさぐりあって
彼女のワンピースの裾をたくし上げ、黒のパンストとショーツを太ももまで下ろすと、もう割れ目は十分に濡れていて
お互いに前戯は必要ありませんでした
彼女はパンストもショーツも脱いでパンピースの裾を上げ、僕はズボンから大きくなったものを出し、向かい合って挿入しました
息遣いを感じあえるのと、抱き合ってセックスできるのとで、僕たちはバックでするよりも向かい合ってするのが好きです
片手で彼女の腰を強く抱き、片手は彼女のお尻に添えて、夢中で腰を打ちつけました
民家も近いので、声を出さないように我慢する彼女の喘ぎ声が、僕を興奮させた
声にならないような荒い吐息
時々高い声で「んっ…ん」という声が漏れました
彼女はだんだん、立っていられなくなってきます
それを抱きかかえ、夢中に彼女の中に出し入れをしました
性器がこすれ合う気持ち良さに、2人とも夢中でした
そのまま体位を変えることもなく、快感をむさぼりあい、僕は彼女の中で達しました…
下半身が、性器の先が熱かった
彼女の中に、ドロドロと流れていくのを感じました
息の整わない熱いキス、見つめ合う時間…
小さくなり始めた僕のものが、彼女の中から押し出されると、彼女の割れ目からポタポタと僕の精液が流れ出ました
それをティッシュで拭い、お互いに服を整えて、改めて帰路へ
今でも
思い出の場所で、夏になるとたまに…ね

テーマ : 人妻・熟女
ジャンル : アダルト

プロフィール

妻が好き

Author:妻が好き
結婚1年目になる妻のことが大好きな30歳

妻との甘く官能的な日々を綴っていきます(^_^)

カテゴリ
僕と妻の秘密を覗かれた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。