FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃厚に甘い朝

今日は僕も妻もお休み
朝はゆっくりで、10時過ぎに目が覚めました
なんとなく起きる気になれなくて、二人イチャイチャしながらベッドで過ごす私たち
今朝は汗ばむくらいに暖かかったので、パジャマと下着を脱いでしまいました
彼女の裸を触るのが、僕はとても好きです
きめ細かい、しっとりとした肌触り、温かい体温
布団の中で見つめ合いながら、お互いの裸の感触を楽しむように触れ合っていました
さりげなく乳首に触れる彼女の指が、官能の気持ちを高めていきます
僕の性器は硬く大きくなっていました
小さな乳房についた大きめの妻の乳首も硬くコリコリしていました
妻も淫らに目が潤んできました
お互いに夫婦の営みの気分にが整って、どちらともなく肌を寄せ合いました
彼女の裸の熱を、体で感じました
僕の性器は妻の下腹部に押し付けられ、気持ち良さとこれから始まることの予感とで、先端が濡れ始めています
キスしました
彼女の柔らかい唇
熱い吐息
甘い肌の香りが
僕の理性を壊していきました
彼女の背中に回していた手は、そのまま腰を触りながらお尻へ
もっちりとした、張りのある感触
絡み合う脚
お互いの体を、情熱的にまさぐりあいました
妻の喘ぎ声
彼女の股から、冷たくヌルヌルした液体が太ももの付け根を伝って流れていくのがわかりました
キスをしながら、妻の硬い乳首を優しく触る僕の指…
「ぃれて…」
妻はキスの合間に漏れる淫らな小声
彼女の上に覆いかぶさり、彼女の両脚を大きく開いて、熱くなった割れ目に僕の性器を沈めていきます
ゆっくり、熱く濡れた襞を押し分けるように
「…っん!」
悲鳴にも似た妻の喘ぎ声と、吐息
僕の性器の先端が彼女の奥まで到達すると、お互い密着して、ギュッと抱き合いました
「幸せ…」
と漏らす彼女
僕は彼女をきつく抱きしめたまま、腰を動かし始めます
彼女の膣が慣れてくるまではゆっくり…
でも、体の芯にズンズンくる気持ちよさと、徐々に荒さを増す彼女の甘い吐息に、気がつけば夢中で彼女の中に出し入れしていました
いつものようにお互いの性器がこすれ合う気持ち良さに酔いしれる2人
「犯されてると感じるような力強いセックスが好き」という妻に、奥まで突くようにスライドし続けました
しばらくして、彼女の中は大きく広がりはじめ、妻は理性を失ったかのように求めてきました
背中が弓なりになるようにのけ反り、息もできないような快感に酔いしれる妻
彼女を抱きしめながら、僕は最後を迎える直前にいました
女の体の気持ち良さ
美しいこの女の中に、精液を注ぎたい気持ち
熱い快感に狂った下半身が、妻の中で絶頂を迎えました
彼女の中の奥深くに差し込んだ僕の性器が、奥の奥に精液を流し込んでいるのがわかりました
このまま彼女の中から抜きたくない
彼女も同じ気持ちでした
そのまま抱き合って、愛の言葉をささやきながら長い時間をすごしました
彼女の中で、また大きくなって、まだ体の芯が淫らに熱いままの妻と、2回目をして、シャワーへ
お互いの体を洗い合って、すっかり疲れ切った2人は、また昼過ぎまで眠り続けました
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : えっちな体験談・告白
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

新婚さん、いいですねぇ。
新婚の頃は私たちも朝仕事前と、寝る前にと一日2回はしてましたw
プロフィール

妻が好き

Author:妻が好き
結婚1年目になる妻のことが大好きな30歳

妻との甘く官能的な日々を綴っていきます(^_^)

カテゴリ
僕と妻の秘密を覗かれた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。